主な症例

虫歯治療/歯周病治療/歯茎や歯の根の治療/入れ歯などからくる病気の治療/かぶせものの補強・取替/歯石の除去/親知らずの治療・抜歯/知覚過敏 ほか

虫歯は自然治癒しないってご存知でしたか?

虫歯は自然治癒しないってご存知でしたか?

他の身体の器官とは違い、虫歯は自然治癒をすることはありません。つまり、「痛かったけど、我慢していたら落ち着いてきた」というのは虫歯が治ったわけではないということです。

虫歯治療は進行の一方なので、治療開始が早ければ早いほど、痛むことなく、短期間で完治することが可能です。

痛い・しみると感じたらお早めの治療開始をオススメします!

おざわ歯科が患者様のために取り組んでいること

  • おざわ歯科では無痛治療に取り組んでいます

    おざわ歯科では無痛治療に取り組んでいます

    「歯医者さんといえば痛い」というイメージから、虫歯があるとはわかっていてもなかなか重い腰をあげられず、虫歯を放置してしまうことはないでしょうか?

    おざわ歯科では、出来る限り患者さんに痛みを感じさせない無痛治療に取り組んでいます。

  • できるだけ削らない治療を致します

    できるだけ削らない治療を致します

    “虫歯が出来たらその部分を削ってかぶせものをすればいい”と思ってはいませんか?皆さんの歯は、一度削ると再生することはありません。おざわ歯科では、一人でも多くの方にご自身の天然の歯を永く使って頂きたいという強い思いがあり、できるだけ歯を削らず虫歯を根治させる治療に最善を務めています。

基本的な虫歯治療について

虫歯の進行度合い

  1. 虫歯の中期状態

    エナメル質内に細菌が進入して穴が空いた状態です。

    本人の自覚症状はほとんどありません。

    虫歯の進行度合い

  2. 虫歯の後期状態(初期)

    象牙質まで細菌が進入した状態です。冷たい水や甘いものを食べるとしみる症状が出始めます。

    虫歯の進行度合い

  3. 虫歯の後期状態(中期)

    歯髄まで細菌が進入した状態です。食べ物や飲み物を口に入れただけでズキズキするような症状が現れます。

    虫歯の進行度合い

  4. 虫歯の末期状態

    歯の根だけが残る末期症状。ある日を境に痛みがなくなりますが根治したわけではなく、神経が死んでしまっている状態です。

進行度に合わせた治療法

  • c1/c2

    直接法(白い詰め物を詰める治療)または間接法(型をとり被せ物をする治療)で元の歯を残したまま完治できます。

    進行具合によって異なりますが、基本的にはC1/C2段階にある虫歯は詰め物や被せ物による治療で完治することが可能です。

  • c3/c4

    銀歯やブリッジなどを用いて出来る限り歯の根元を残せるよう治療していきます。

    C3/C4段階に入ってくると、神経を除去する必要がでてきたり、削る部分が大きくなったり、最終的に抜歯が必要になってくる場合があります。ですが、当院では出来る限り歯の根元を残し、銀歯やブリッジを用いて抜歯を極力しない治療を心がけています。

詰め物や被せ物について

  • 自費治療セラミック

    セラミックは元の歯の色に合わせ、白く目立たない詰め物なので前歯など目立つ部分には最適な治療法です。

    自費治療セラミック

  • 自費治療白金加金

    白金加金は錆びにくいため金属アレルギーの原因となりにくく、適合性も高いという利点があります。

    自費治療白金加金

  • 保険適用銀歯

    銀歯は保険内での治療が可能なため、比較的安価での治療が出来ます。

    保険適用銀歯