主な症例

ブリッジで両隣の歯を削らず治療をしたい/奥歯を失いブリッジが出来ない/歯が抜けたが入れ歯は入れたくない/他院でインプラントをつけたが噛み合わせが悪く困っている/ほか

インプラントとは?

インプラント治療とは何らかの理由で歯を失ってしまったところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。

埋め込まれたインプラントは、チタン製なので骨と結合してしっかりと固定されます。

その上に取り付ける人工の歯も、患者様に合わせて一本ずつ作るので、噛みごこち・見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

インプラントとは?

こんな方々に喜ばれています

  • 他院で抜歯をした後、放置しまっているところに歯を入れたい
  • 虫歯により抜歯をしてブリッジを勧められが隣の歯を削りたくない
  • 入れ歯をしているが食事がしにくく悩んでいる
  • 他院でインプラントをしたが噛み合わせが悪く困っている
  • 一番奥の歯が抜けて、ブリッジができない

こんな方々に喜ばれています

インプラントの治療方法

  • 隣接する1.2本の歯を失った場合

    隣接する1.2本の歯を失った場合

    インプラントを埋め込み、
    その上に人工の歯冠を固定します

    POINT

    • 健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てる
    • 歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てる
  • 奥歯を含めて復数の歯を失った場合

    奥歯を含めて復数の歯を失った場合

    人工の歯を両隣のインプラントで
    支えることもできます

    POINT

    • インプラントは時間の経過とともにあごの骨と結合するため、歯を支える力は健康な歯とほとんど変わらない
    • 単独で処置するので、健康な歯をそのまま保てる
    • 外観も機能も天然の歯と変わらない感覚が得られ、違和感がない
    • 特別なケアの必要がない
  • 全ての歯を失った場合

    全ての歯を失った場合

    インプラントを埋め込み、
    その上に人工の歯冠を固定します

    POINT

    • インプラントはあごの骨に固定されるため、ぐらつかない
    • 天然の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わうことができる
    • 食べ物が挟まることはほとんどない
    • 天然の歯と同様の外観を保つため、年老いて見えることはない

おざわ歯科のインプラントの特徴

世界標準のインプラント(ノーベルバイオケアー、3i、アストラ、ストローマン)を使用しています。

  1. 01 ご相談~メンテナンスまで担当医が一貫して行います。

    インプラント治療後のメンテナンスでは、プラークコントロールも大事ですが、特に重要な咬み合わせの調整がスタッフまかせの医院が多いようです。

  2. 02 治療箇所以外の部分も最大限の配慮をして治療致します。

    治療した部分はもちろん、他の部分につきましてもできるだけ完治した状態を維持できるように最大限の努力と配慮を致します。

  3. 03 生物由来の材料、薬剤は一切使用しません。

    インプラント治療の際に行われる骨造成術,サイナスリフト、歯肉移植など再生医療に、海外製の、牛、豚,ヒト等の材料を用いる医院も多いようですが当院では一切使用していません。

  4. 04 ブローネマルク博士推奨!スクリューリテイニングを使用。

    ブローネマルク博士の推奨しているスクリューリテイニング(ねじ固定)による上部構造を第一選択に行っております。より精密な技術が必要で、費用も少し嵩みますが、何かあった時に無償ではずせるという最大のメリットがあります。

    スクリューリテイニングを使用。

  5. 05 治療の質を損なわない範囲で、極力低価格に抑えます。

    料金については、治療の質を損なわないことを前提になるべく配慮いたします。ご相談下さい。

  6. 06 国内トップの歯科技工士が、被せ物をお作りしています。

    おざわ歯科のかぶせ物(歯科技工物)は、国内トップの歯科技工士が行っております。

最新の治療技術、方法はすべて行っておりますが、基本的に抑えるべきことに労を惜しまないことが歯科治療では特に大切なことだと常に思い治療に取り組んでいます。
どうぞ、何なりとご相談下さい。