院長小澤による歯に関する豆知識をご紹介します!

歯科用CT

歯科用CTで有効な治療は、様々あります。

1つ目はインプラント治療です。3次元分析により、インプラントを埋入する歯ぐきの内部や骨の状態(骨量や密度)・下顎の神経までの距離や位置関係、上顎洞の形態を術前に完全に把握することで、患者様の負担を減らし、今まで以上に、安全で確実なインプラント治療を行なうことができます。また、術後評価もできます。

それから、親知らずの抜歯です。

下顎の親知らずは骨の中に埋まっていることが多く、下顎骨の中を走行する下顎管(血管・神経の通り道)と近接している場合は、抜歯に伴う神経麻痺や大出血の危険性があります。2次元のパノラマレントゲンでは把握しきれない下顎管との立体的な位置関係や骨への埋まりぐあいがCTでは正確に把握できるので、より安全で体の負担の少ない抜歯になります。

また、歯周病における歯槽骨欠損部の病態の把握、再生療法の経過観察や、根尖病巣の診断、根管形態の診断、歯牙および歯根破折の診断、虫歯の診断などあらゆる診断が可能です。口腔外科領域では顎関節、上顎洞などの病変の診断等に使用可能です。

レントゲン被曝量も従来から行われているパノラマX線撮影とほとんど変わらず、医科用CTより格段に少ない歯科用CTで正確な診断を安心して受けて頂けます。

歯科用CTZEISE製マイクロスコープ完備で、正確な診断、精密治療、わかりやすい説明

市ヶ谷駅からすぐ、四ツ谷駅からもアクセス可能なおざわ歯科医院

  • インプラント関連

タフトブラシ②

EA841A19-8510-41A3-8854-91545938B343

前回タフトブラシについてお話ししましたので今回は、ブラシの使うと良い場所を説明したいと思います。

タフトブラシで集中ケアできる所は、

・歯と歯の間

・歯と歯肉の境目

・歯並びが悪い所(歯と歯が重なっている)

・奥歯の奥

・前歯の裏側

・背の低い親知らず

・被せ物(ブリッジ)の周り

・一本だけ孤立した歯

・矯正器具の周り

・インプラントの周り

などです。

このように、ブラッシングが難しいところのほとんどのカバーが出来ます。

歯と歯肉の境目部分の歯周ポケットは、磨き残しが多い部分でもあります。その磨き残しが後々、虫歯や歯周病を招く原因にもなりますので、ワンタフトを上手に使って予防しましょう。

市ヶ谷 おざわ歯科医院ではワンタフトブラシの取り扱いがありますので、分からない事があれば気兼ねなくお尋ね下さい。

  • インプラント関連

タフトブラシ①

磨き残し対策の1つに、優れた清掃性を持ったタフトブラシの使用がおすすめです。

タフトブラシは、毛先が円錐状で1つのヘッドの小さな歯ブラシです。

歯と歯の間にピタッとフィットし、目的の場所に確実に毛先を届かせることが出来ます。

また、プラークが残りがちになってしまう部分にもピンポイントできれいにすることができる歯ブラシです。

歯ブラシの他に、歯間ブラシやフロスを使うのと同じように、タフトブラシも使用すると口腔内のケアにもとても有効です。

次回は、タフトブラシで集中ケアできる所をお知らせしたいと思います。

  • インプラント関連

歯周病の予防法、治療方法

今回は歯周病の具体的な予防法、治療方法についてお話ししたいと思います。

歯周病は、プラークコントロール、早期発見、早期治療が一番大切です。基本的には歯周病の原因となる菌を減らすことです。

その中でブラッシングはとても大切になります。お口の中は複雑な構造をしているため、各々その部分にあった手法、デンタルフロスや歯間ブラシなどの道具を使用して磨き残しがないように行わなければなりません。

また、歯周病を防ぐために効果的なのは年に数回歯科医院で定期健診を受けることです。的確な診断をしてもらい、個人にあったブラッシング手法を習得しましょう。また、定期的に自分自身では取り除けない歯垢や歯石などを除去してもらいましょう。

歯周病と診断されて行う治療は、歯周基本治療です。歯周病の原因であるプラークの除去および歯石の除去、ぐらつく歯の咬み合わせの調整、病的歯根面の清掃、歯周ポケット清掃、被せ物の再製など行います。

歯周病を予防するには、セルフケアと歯科医院で行うメンテナンスが重要です。

どんなに良い治療を受けたとしても日々のセルフケアや定期的な歯科医院でのメンテナンスを怠ればすぐに再発してしまいます。

そのため歯周病治療以上にメンテナンスが大事とも言われます。自分の歯を一本でも多く残すためにもセルフケアとメンテナンスを徹底し健康的な歯でより良い生活を送りましょう。

 

  • 予防歯科/ご自宅でのケア

歯周病の初期症状

今回は歯周病の初期症状についてお話します。

・歯茎が赤く腫れる

    歯周病の始まりは、まず歯茎が赤く腫れる

    ところから始まります。

・歯茎から血が出る

    炎症が起こると、歯磨きをした時などに出

    血するようになります。

・冷たい物がしみるよになる

    進行してくると、徐々に歯周ポケットは深                

    くなり、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶か

    します。歯根は硬いエナメル質に覆われて

     ないので、冷たい物がしみることもありま       

     す。

ますます進行すると、歯肉の炎症が強くなり、膿が出て、口臭がひどくなったり、歯のぐらつきも出てきます。また、重度になると歯を支えてる骨がほとんどなくなり、最後に歯が抜けてしまいます。歯周病は、自覚症状が出る頃には中等度~重度に進行している可能性があります。

早めの受診をおすすめします。

 

  • 予防歯科/ご自宅でのケア

歯周病について①

歯を失う原因で最も多いのは「虫歯」ではなく「歯周病」です。

歯周病は今や生活習慣病の一つとも言われ国民病です。日本国内の成人の8割が感染していると言われ、歯を支える骨や歯茎がやられてしまい、放置しておくと気が付かないうちに歯がグラついて抜け落ち、全身の健康被害を引き起こす引き金にもなりかねない大変怖い病気です。

実は、歯周病は自覚症状をおこしにくく、静かなる病気と呼ばれています。

日本では、痛みなどのトラブルを自覚してから受診する人が多いため、歯周病が重度になるまで放置されるケースが多く見られます。

歯周病は、初期症状をいち早く発見し、治療を受けることで悪化を防ぐ事ができます。

次回は歯周病の初期症状についてお話ししたいと思います。

 

 

  • 予防歯科/ご自宅でのケア

唾液の働きについて②

前回「唾液の働き」についてお話ししましたので、今回は「唾液を増やす方法」についてお話しします。

唾液は、分泌量が減る原因として以下のようなものがあります。

・加齢

・ストレスや疲れ

・生活習慣

・口呼吸

よく噛んで食べることにより、唾液の分泌量が促進されます。噛み応えのある食べ物や、ガムを噛んだりする事も有効です。また、こまめな水分補給、唾液腺のマッサージなども効果的です。歯が無いままになっていたり、噛み合わせに不調があると、咀嚼が行いにくく噛み回数も減ってしまいます。

よく噛む食事を心がけ、唾液量を増やし、口の中の健康、さらには全身の健康を保ちましょう。

 

  • 予防歯科/ご自宅でのケア

唾液の働きについて

唾液は、耳下腺、顎下腺、舌下腺という3つの大きな唾液腺から、1日に10001500mlほど分泌されます。

唾液には、以下のような健康に関わる様々な働きがあります。

・食べ物を飲み込みやすくする

・味を感じやすくする

・汚れを洗い流し、清潔に保つ

・食べ物を消化しやすくする

phを保ち、虫歯になりにくくする

・細菌の繁殖を抑制する

・歯の再石灰化を促進する

唾液の分泌量が減ると、虫歯や歯周病などの病気のリスクが高くなってしまいます。また、口の中はもちろん、全身の健康にも影響してきます。

次回は唾液の分泌量が減少しないための予防についてお話ししていきます。

 

  • 虫歯について

キシリトールガムについて②

今回は、歯科専用のキシリトールガムの効果についてお話ししたいと思います。

・虫歯の発生を防ぐ
虫歯の原因であるミュータンス菌(虫歯菌)は糖質を食べて酸を排出します。
しかしキシリトールを栄養にすることはできず、口内の酸の発生を抑えることができます。そのためミュータンス菌が活動しづらい口内環境を整えることができます。

・虫歯の進行を防ぐ
キシリトールの甘さで唾液が増え、唾液中のカルシウム多く出ることにより再石灰化が高まり、歯を丈夫にしてくれます。

それから、歯科専用ガムは、粒も大きめでガムベースが少し硬いので、噛み心地が強いのが特徴です。このおかげで顎や、噛む力を鍛えることができます。

歯みがきや定期検診などのメインテナンスにキシリトールを毎日の習慣にプラスして、虫歯予防を行うと効果的です。健康な歯を目指しましょう。

  • 虫歯について

虫歯になりやすい場所③

前回・前々回と、虫歯になりやすい場所の清掃方法についてお話ししてきましたが、最後は「③奥歯の噛み合わせの溝」の清掃方法についてお話ししていきます。

噛み合わせの面の形態は複雑で溝が深く、プラークが溜まりやすい場所になっています。
歯ブラシの毛先を小刻みに前後に動かして磨いていきます。
一番奥の歯の後ろの部分は小さめの歯ブラシで磨くと良いでしょう。

また、予防法としてはフッ素の塗布やシーラントと呼ばれる予防処置が有効です。
シーラントとは奥歯の溝を樹脂で埋める処置で、歯を削ることなく簡単にできるものです。
複雑な溝を持つ歯は、適切な時期(生え始めた頃など)に処置を受けることが大切です。

当院でもフッ素塗布やシーラントを行なっておりますので気軽にお問い合わせください。
また、シーラントを行なった後も知らないうちに剥がれ落ちたりする事もあるのでしっかり検診などでチェックしましょう。

 

新宿区市ヶ谷 、四谷、  飯田橋地区、市ヶ谷駅すぐの歯医者さん

市ヶ谷 おざわ歯科医院です。

市ケ谷 おざわ歯科医院では皆様のホームドクターとして市ヶ谷駅1分に立地しています。

安心・安全・親切・丁寧で痛みの少ない治療を心がけております。

  • 虫歯について