院長小澤による歯に関する豆知識をご紹介します!

歯周病の初期症状

今回は歯周病の初期症状についてお話します。

・歯茎が赤く腫れる

    歯周病の始まりは、まず歯茎が赤く腫れる

    ところから始まります。

・歯茎から血が出る

    炎症が起こると、歯磨きをした時などに出

    血するようになります。

・冷たい物がしみるよになる

    進行してくると、徐々に歯周ポケットは深                

    くなり、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶か

    します。歯根は硬いエナメル質に覆われて

     ないので、冷たい物がしみることもありま       

     す。

ますます進行すると、歯肉の炎症が強くなり、膿が出て、口臭がひどくなったり、歯のぐらつきも出てきます。また、重度になると歯を支えてる骨がほとんどなくなり、最後に歯が抜けてしまいます。歯周病は、自覚症状が出る頃には中等度~重度に進行している可能性があります。

早めの受診をおすすめします。

 

  • 予防歯科

歯周病について①

歯を失う原因で最も多いのは「虫歯」ではなく「歯周病」です。

歯周病は今や生活習慣病の一つとも言われ国民病です。日本国内の成人の8割が感染していると言われ、歯を支える骨や歯茎がやられてしまい、放置しておくと気が付かないうちに歯がグラついて抜け落ち、全身の健康被害を引き起こす引き金にもなりかねない大変怖い病気です。

実は、歯周病は自覚症状をおこしにくく、静かなる病気と呼ばれています。

日本では、痛みなどのトラブルを自覚してから受診する人が多いため、歯周病が重度になるまで放置されるケースが多く見られます。

歯周病は、初期症状をいち早く発見し、治療を受けることで悪化を防ぐ事ができます。

次回は歯周病の初期症状についてお話ししたいと思います。

 

 

  • 予防歯科

唾液の働きについて②

前回「唾液の働き」についてお話ししましたので、今回は「唾液を増やす方法」についてお話しします。

唾液は、分泌量が減る原因として以下のようなものがあります。

・加齢

・ストレスや疲れ

・生活習慣

・口呼吸

よく噛んで食べることにより、唾液の分泌量が促進されます。噛み応えのある食べ物や、ガムを噛んだりする事も有効です。また、こまめな水分補給、唾液腺のマッサージなども効果的です。歯が無いままになっていたり、噛み合わせに不調があると、咀嚼が行いにくく噛み回数も減ってしまいます。

よく噛む食事を心がけ、唾液量を増やし、口の中の健康、さらには全身の健康を保ちましょう。

 

  • 予防歯科