院長小澤による歯に関する豆知識をご紹介します!

歯科用CT

C2974688-798D-460A-9796-793EFC252E8D

 

従来のレントゲン(X線)撮影は、2次元の平面写真であるのに対して、CT撮影は立体的な3次元の情報となります。

そのため、従来のレントゲン写真では、抜歯、インプラント治療、歯周病治療、矯正治療などの治療に必要な情報量には限界がありました。

当院では、3D(三次元)の立体画像を得られる歯科用CTを導入することにより、今まで見えなかった部分を確認し、より精度を上げて診療しております。

CT検査では、従来のレントゲンでは見えなかった顎の骨の立体的な形態や、神経の位置把握、さらに骨質の診査にも利用できます。

ご来院いただく患者様のために、より正確で、より安全な検査・診断を行うことが、

治療の確実性を高めることにつながります。

歯科用CTZEISE製マイクロスコープ完備で、正確な診断、精密治療、わかりやすい説明

市ヶ谷駅からすぐ、四ツ谷駅からもアクセス可能なおざわ歯科医院

  • お知らせ