院長小澤による歯に関する豆知識をご紹介します!

歯周病の初期症状

今回は歯周病の初期症状についてお話します。

・歯茎が赤く腫れる

    歯周病の始まりは、まず歯茎が赤く腫れる

    ところから始まります。

・歯茎から血が出る

    炎症が起こると、歯磨きをした時などに出

    血するようになります。

・冷たい物がしみるよになる

    進行してくると、徐々に歯周ポケットは深                

    くなり、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶か

    します。歯根は硬いエナメル質に覆われて

     ないので、冷たい物がしみることもありま       

     す。

ますます進行すると、歯肉の炎症が強くなり、膿が出て、口臭がひどくなったり、歯のぐらつきも出てきます。また、重度になると歯を支えてる骨がほとんどなくなり、最後に歯が抜けてしまいます。歯周病は、自覚症状が出る頃には中等度~重度に進行している可能性があります。

早めの受診をおすすめします。

 

  • 予防歯科/ご自宅でのケア