院長小澤による歯に関する豆知識をご紹介します!

歯周病の予防法、治療方法

今回は歯周病の具体的な予防法、治療方法についてお話ししたいと思います。

歯周病は、プラークコントロール、早期発見、早期治療が一番大切です。基本的には歯周病の原因となる菌を減らすことです。

その中でブラッシングはとても大切になります。お口の中は複雑な構造をしているため、各々その部分にあった手法、デンタルフロスや歯間ブラシなどの道具を使用して磨き残しがないように行わなければなりません。

また、歯周病を防ぐために効果的なのは年に数回歯科医院で定期健診を受けることです。的確な診断をしてもらい、個人にあったブラッシング手法を習得しましょう。また、定期的に自分自身では取り除けない歯垢や歯石などを除去してもらいましょう。

歯周病と診断されて行う治療は、歯周基本治療です。歯周病の原因であるプラークの除去および歯石の除去、ぐらつく歯の咬み合わせの調整、病的歯根面の清掃、歯周ポケット清掃、被せ物の再製など行います。

歯周病を予防するには、セルフケアと歯科医院で行うメンテナンスが重要です。

どんなに良い治療を受けたとしても日々のセルフケアや定期的な歯科医院でのメンテナンスを怠ればすぐに再発してしまいます。

そのため歯周病治療以上にメンテナンスが大事とも言われます。自分の歯を一本でも多く残すためにもセルフケアとメンテナンスを徹底し健康的な歯でより良い生活を送りましょう。

 

  • 予防歯科/ご自宅でのケア