院長小澤による歯に関する豆知識をご紹介します!

プラーク(歯垢)とは

プラーク(歯垢)とは、食べカスではなく、歯の表面や歯間、歯頸部など歯ブラシの当たりづらいところに付着している、白や黄色の粘着性の細菌のかたまりです。
プラーク1グラムあたり約1,000億個もの細菌がいるといわれています。
食後およそ4~8時間ほどでこのプラークが作られ、できあがると、細菌は糖分を栄養分としてどんどん増殖を繰り返し、より強力に歯の表面に付着してしまうのです。
プラークは、水に溶けにくく、歯にしっかりと付着しているため、うがいなどでは簡単に落ちず、歯ブラシやフロス、歯間ブラシでなければ、きれいに落とすことが出来ません。
プラークが落としきれず、蓄積すると、口臭やむし歯、歯周病などの原因となってしまいます。
次回は、お口の中の細菌を減らすためのプラークコントロールのお話をしていきたいと思います。

 

 

  • 予防歯科