院長小澤による歯に関する豆知識をご紹介します!

タフトブラシ②

EA841A19-8510-41A3-8854-91545938B343

前回タフトブラシについてお話ししましたので今回は、ブラシの使うと良い場所を説明したいと思います。

タフトブラシで集中ケアできる所は、

・歯と歯の間

・歯と歯肉の境目

・歯並びが悪い所(歯と歯が重なっている)

・奥歯の奥

・前歯の裏側

・背の低い親知らず

・被せ物(ブリッジ)の周り

・一本だけ孤立した歯

・矯正器具の周り

・インプラントの周り

などです。

このように、ブラッシングが難しいところのほとんどのカバーが出来ます。

歯と歯肉の境目部分の歯周ポケットは、磨き残しが多い部分でもあります。その磨き残しが後々、虫歯や歯周病を招く原因にもなりますので、ワンタフトを上手に使って予防しましょう。

市ヶ谷 おざわ歯科医院ではワンタフトブラシの取り扱いがありますので、分からない事があれば気兼ねなくお尋ね下さい。

  • インプラント関連